So-net無料ブログ作成
コイカル ブログトップ

ん、なんか違うなぁ・・・コイカル [コイカル]


実家の近くの公園に行ってきました。ここには、以前より、イカルが居着いているので、目新しい野鳥もいないし、ルリビタキも一度目にしただけでまったくその後は見かけていないので、冬だけしかいない野鳥を撮りに行きました。
早速、コロコロみたいなカワラヒワの鳴き声を上品にして合唱しているような声が聞こえてきました。よし、いるぞ!と意気込んで撮影する為に近づいたのですが、すぐに逃げてしまいます。しかしこの公園内に居着いているので、概ねイカルがいるポイントが5ヶ所ほど分かっているので、その方面に移動しました。やはりいましたね。歩いているので、すぐに見つけている訳ではないけど、ピンポイントに近い感じで見つけています。すると、今度は公園の中腹あたりの集合場所(笑)にいました。ただ、雨も降ってきていて、悪条件であるため、さっさと証拠写真を撮っていこうと思って、あまり近づかずにぱしゃぱしゃと撮影をしました。しかし、ルリビタキはいませんねぇ。
家に戻って、画像を確認していると、一羽だけイカルにしては変なヤツがいるので、これがイカルのメスなのかなあと思って調べてみました。すると・・・いやあ、びっくりですね。イカルじゃあなかったんですね。雨の中の撮影だったこともあり、大きさや色合いなど確認もせずさっさと引き上げたのでじっくり見ていませんでした。頭の黒いヘルメットみたいなのが大きいし、背中の色がちょっと茶色系なんですよ。その場で分かっていたら、もっと撮影したのになあ。ということでこいつは、コイカルというらしい。しかもオスですね。
しかし、調べているうちに・・・は?としたことがあります。西日本で主に見られるというんです。ここは東北、福島県です。変だな。しかも、私が持っている「ふくしまの野鳥」という本には「県内では稀だが、春と秋の移動の際人家の庭に姿を見せることもある。冬鳥」とでています。えっ?そんなに珍しい鳥なの?西日本では見られるんでしょうけど、福島では珍しいらしい。これは温暖化の影響かな。そんな気がしますね。
写真はよくありませんが、コイカルをご覧ください。
イカルの群れ(多分20羽程度)を撮影していて、偶然何も分からずに撮ったものです。比較の為に、イカルも見てね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
コイカル ブログトップ